快適空間!オフィスにあると楽しい備品紹介

名刺交換の時に慌てないよう、オフィスでは名刺入れを常に整理整頓し補充や予備を用意しておきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

オフィスでは名刺入れの中身を常にチェック

ビジネスには必ず名刺交換があります。日本のビジネスシーンでは、商談などの最初に名刺交換をすることが慣例になっています。名刺交換の時には、ポケットから直接とかカバンからではなく名刺入れから出して渡すようにします。名刺入れには古い名刺や汚れた名刺、他人の名刺などは入れないようにします。汚れた名刺は失礼ですし、間違って違う名刺を渡してしまうのは頂いた名刺を軽く扱っている印象を与えます。名刺交換の時に慌てないために、オフィスを出る時に名刺入れの中身を確認します。

名刺入れには、新しい名刺を若干多めに入れておきます。予定よりも大勢の方が見えるかもしれませんし、別の方を紹介される場合があるからです。名刺を切らしてしまうのは大変失礼にあたりますので、名刺入れ以外の場所にも予備の名刺を携帯することをおすすめします。途中で名刺入れが空になってしまったら、交換の時にごそごそと探すことのないように、先方のオフィスに入る前に名刺入れに移しておきます。

また、名刺入れには最新の内容の名刺を用意しておくことも肝心です。しかし、肩書きなどの急な変更があって印刷が間に合わないという場合では交換の時にその旨を言葉で添えておけば大丈夫です。交換は、机をはさんだり座ったままで行うのは禁物できちんと対面して立って行います。いただいた名刺は丁寧に扱い、相手の方の自己紹介などを聞いてもその内容を名刺に書き込むのはマナーに反しています。覚えておきたい相手の情報などは、手帳などに書き留めておいて自分のオフィスに戻ってから整理するようにします。


Copyright(c) 2017 快適空間!オフィスにあると楽しい備品紹介 All Rights Reserved.