快適空間!オフィスにあると楽しい備品紹介

オフィスの必需品である名刺入れの一般的なマナーや選び方について、材質、色、印象の観点から書きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

オフィスで使う名刺入れの選び方

オフィスで使う名刺入れは、小さな雑貨ですが対人関係でとても重要な役割を果たします。なぜなら、ビジネス上で初めて会った人に対してまず最初にすることが名刺交換であり、その際に名刺入れはかならず相手に見られるものだからです。まず、どんな種類の名刺入れを使うかということですが、アルミ、布、革など様々な製品が出回っています。どれを使っても間違いではありませんが、アルミは学生っぽい、社会人としては望ましくないと思う人もいるようです。アルミの名刺入れは、ポケット等がなく、収納箇所がひとつしかないことを問題視する人もいます。しかし、中の名刺が曲がりにくいなどのメリットもあるので、そういうことも考えて候補にするべきと言えます。

また、営業職など名刺交換の多い人ならば、色合いは黒やこげ茶など落ち着いたものが無難です。名刺入れは打ち合わせの間ずっと机の上に置いておくので、印象に残りやすいものです。また、同じ理由から、高価な名刺入れでもあまり高価であることが目立つもの、ブランドがわかりやす過ぎるものは嫌味に受け取られる可能性があり、避けるのが無難と考えられます。しかしここに書いたことはすべて一般的なマナーであり、大事なのは自分が相手に「どういう印象を持ってもらいたいか」です。それにより、候補は絞られてくるのではないでしょうか。オフィスでは必ず必要になってくる名刺入れは、後悔のないように選んで愛着を持って使いたいものです。


Copyright(c) 2017 快適空間!オフィスにあると楽しい備品紹介 All Rights Reserved.