快適空間!オフィスにあると楽しい備品紹介

私は転勤族でした。オフィスで隣に座る女性が名刺入れをなくしたことを覚えていて、餞別でいただき嬉しかったです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

オフィスの隣の席の女性が覚えてくれていた名刺入れ

サラリーマン時代は転勤族で、同僚や部下から異動の度に様々な贈り物をいただきました。もちろんこちらも異動する人には渡してきたわけですが、風習とはいえ自分がもらう立場になると嬉しいものです。景気が良かった頃は、ちょっとした贈り物に餞別として現金、そして会社の経費で送別会もしてもらっていました。しかし業績が徐々に悪くなってきて、有志での贈り物も減る傾向になり、最後のほうはオフィスで席が近いほんの数人が小さな花束をくれる程度になっていきました。贈る立場の時は商品券が多かったように思います。結局要らないものをもらっても迷惑なので、自分で好きなものを買ってもらおうということで落ち着いてしまうのです。今ならカタログギフトといったところでしょうか。少し味気ないような気はしますが、無難であることは間違いありません。

私が今まで異動でもらったプレゼントで一番嬉しかったのは、名刺入れです。私は物持ちが良く、名刺入れも長い間同じのを使っていたのですが、ある時なくしてしまったのです。名刺入れなんて他人には価値のないものですから普通は出てくるのでしょうが、その時は結局出てきませんでした。新しい名刺を作り、無造作に財布に入れていたところ、オフィスで隣の席にいた女性に、なぜそんな場所に入れているのかと不思議がられ、なくしてしまったと言いました。その頃にはもう営業ではなくなっていましたので、数枚持っていればよく、不要だと言いました。その女性がそれを覚えていて、転勤の時に同僚一同にいただいたプレゼントが名刺入れだったというわけです。こういう気持ちのこもったプレゼントは忘れられません。


Copyright(c) 2017 快適空間!オフィスにあると楽しい備品紹介 All Rights Reserved.